学生と社会人は違う!仕事で求められること

学生時代は誰とでもすぐに打ち解けられる明るい性格だったのに、社会人になった途端に他人との距離の取り方に戸惑い、急に大人しくなってしまったという人は少なくない。
学生時代に付き合うのはほとんどが友人であり、目上の人間といえどもアルバイト先やサークルの先輩などで、周りにいるのはほぼ同世代の人間というのが大半だ。

しかし、社会人になれば、職場の上司だけでも複数存在し、自分よりも年齢や経験、知識が豊富な人間は大勢いる。
そのため、今までのようにフレンドリーな雰囲気で接することはなかなか難しくなる。
時間をかけて、会社の雰囲気に何とか馴染んでいこうと四苦八苦するのが大半なのではないだろうか。

とはいえ、そういうどこか張りつめたような状況の中でも、他の人間よりも早くその場の雰囲気に馴染んでいく人間がいることも事実だ。
そういう人にはある共通するポイントがある。
それは、とにかく上の人間から「気が利く」という評価を勝ち得ることだ。
学生時代には、授業中など、先生から何か問いかけられても恥ずかしいとか、面倒だという理由から下を向いてしまうという経験は多くの人がしてきたことだろう。

ところが、社会人になると上司が何か問いかけたときに率先して動くことは当たり前であり、常にアンテナを張り巡らせ、指示を待たずこちらから質問を投げかけるくらいの積極性が求められる。
このように積極性を見せることは、自身の仕事におけるポジションを安定させることにつながるので、学生時代とは意識を変えなければならない。
学生と社会人との違いを言及したサイトには、それぞれの立場に合った仕事の探し方をメインに、思考のチェンジに役立ちそうな記事が載っているので、併せて読んでみてほしい。→参考になるサイト:学生と社会人の違いとは?